低用量ピルは、避妊や生理不順、生理痛、子宮内膜症、月経前症候群、プレ更年期症状などの症状を軽減できる薬ですが、喫煙習慣がある人がピルを服用すると、血栓症という命に関わるトラブルが起こる危険性が高まります。

特に、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人はピルを服用してはいけない、15本未満の喫煙者も通常は使用できない、35歳未満の喫煙者は服用できるといい、というガイドラインが国によって定められていますが、本数は少ないものの喫煙習慣がある人も少なからず血栓症のリスクがあり、絶対に安全とはいえません。

ピルには女性ホルモンの卵胞ホルモンが含まれており、この卵胞ホルモンは血液の濃度を通常よりも濃くするという性質があります。喫煙習慣がなく健康な女性がピルを服用しても、多少血液が濃くなるくらいで問題はありませんし、現在主流になっている低用量ピルは、エストロゲンの量を最小限に減らしているため、血栓症になることはほとんどありませんが、喫煙習慣のある方が服用すると、血液の流れが悪くなって、血管が収縮してしまいます。狭くなった血管に濃度が濃い血液が流れると、血液が固まりやすくなったり、血管が詰まりやすくなって心筋梗塞や脳梗塞、肺梗塞などの血栓症になり、命に関わるトラブルにつながる恐れがあるのです。

ピルを服用する場合は、禁煙することが前提です。20代で1日に5本くらいの喫煙習慣があり、特に大きな病気のない人は、ピルの利用はできるそうですが、少なからず血栓症になる危険性があることに変わりはありません。特に40代以上になると、血栓症になるリスクは高くなるので、喫煙は止め、血栓症の危険性がない状態で服用することが望ましいでしょう。