ピルは、特に女性であれば知らない方がいないと言っても過言ではないほど認知度が高い経口避妊薬です。
1998年に認可されて以来、経口避妊薬という本来の使用方法以外に女性ホルモンの分泌を変化させることで生理痛が解消されたり、子宮内膜症が改善されるなど様々な用途で使用されるようになりました。
しかし、実際にピルを使用してみようと考えた場合ピルとビタミン剤の組み合わせが好ましくないなど、注意しなければならない点も存在します。
美肌になることが可能なビタミン剤として定番なのが、ビタミンCが含まれているビタミン剤です。
ところが、ピルとの組み合わせは注意が必要です。
それは、1981年のイギリスで発表された論文にて報告されています。
低用量ピルを服用した12人が、50ミリグラムもしくは1000ミリグラムのビタミンCが含まれているビタミン剤をピルとともに飲用しました。
すると、ピルを服用している方がビタミンCのビタミン剤を摂取することで低エストロゲンだとしても高エストロゲンと同等の強い作用になるのです。
こうしたことから、低用量のものを摂取したとしても高用量と同様の働きが起こってしまうことが判明したのです。
つまり、強い副作用が発生し体調不良に陥るということです。
偏頭痛や吐き気など発生する副作用によって生じる体調の変化は各々異なりますが、こういったことからビタミン剤との併用は避けましょう。
また、ビタミン剤のみならずハーブも併用には注意が必要です。
ピルと併用すると、ハーブとの相互作用が起こり避妊薬の効果を低下させてしまいます。
このようなことから、体調不良という症状の他に避妊薬を服用していたとしても妊娠する可能性が高まります。